予防・インプラント・歯列矯正・審美歯科ブログ 『究極の歯科医療を目指す歯科医師ブログ』歯を治して若返り!

★究極の歯科治療を目指して★
患者さんや歯科関係者のために多くの歯科情報を公開していこうと思います!
皆様が特に関心のある予防インプラント治療矯正治療審美歯科治療ホワイトニング、メタルフリー治療について色々な情報を正しくお伝えできたらと考えています。
一度治療したらそれ以上悪くならない治療・虫歯や歯周病を発生させない治療を目指しています。
そして、このブログが患者様の治療に役立てたら最高だと思います。それと多くのコメントをお待ちしています。
治療に対する質問は直接メール相談できるコーナーがございますので左側の『歯科治療プライベート相談』から院長 星野と直接相談を行うことが出来ますのでどうぞご利用ください。返事は2〜3日中には必ず返事を出します。
東京都世田谷区駒沢1−3−17
星野歯科駒沢クリニック
月曜〜土曜日 10:00−13:30 15:00−19:00
03−5486−8440

院長 星野 元


携帯からブログや診療内容が見れます


Twitterやっています



・星野歯科駒沢クリニック
・インプラントリカバリー
センター

・ジルコニアインプラント
研究会


歯科治療プライベート相談
院長と直接
相談したい方はこちらへ
> my page

院長著書
最新「歯科医療」
事情
>目次を見る
2017 年
03
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
=全てのカテゴリ=
  星野 元 詳細プロフィール 過去から現在
  Dr星野のアクアシステム体験記
  スタッフ募集
  過去ブログ一覧2003.11-2006.10
  Dr別診察日と休診日
  予約状況
  相談と治療予約
  院内情報
  理想とかけ離れた保険治療
  歯科最新記事
  伝えたいこと
  患者さんとの話
  星野個人の話
  精密治療(マイクロスコープ)
  歯科のアンチエイジング
  予防歯科
  インプラント基礎情報
  サイナスリフト法など増骨について
  インプラント症例
  インプラント最新情報
  インプラント症例集
  ブリッジvsインプラント
  入れ歯
  矯正の基礎情報
  矯正症例
  マウスピース矯正
  マウスピース矯正症例
  矯正治療最新情報
  インプラント矯正アンカー情報
  審美歯科基礎情報
  審美歯科症例
  審美歯科最新情報
  ジルコニアオールセラミッククラウン
  根管治療
  金属アレルギー
  セレック
  究極の歯科技工
  ホワイトニング最新情報
  レーザー情報
  講演会・研修会情報
  副院長 篠山より一言
== 未分類 ==

 6866837
     

人気blogランキングへ

みんなのブログランキング
◆2006年10月までの記事

もう一つの
インプラントブログ


星野歯科駒沢クリニック
星野歯科駒沢クリニック

星野歯科の予防歯科
インプラントFAQ
インプラントFAQ
矯正歯科のことなら星野歯科矯正サイト
星野歯科矯正サイト
審美歯科Q&A
審美歯科Q&A
インプラント110番

世田谷マウスピース矯正センター

根管治療ガイド

インプラント相談と回答

インプラント体験談

星野歯科求人情報

Mail

歯科治療プライベート相談
院長と直接
相談したい方はこちらへ
> my page

院長著書
最新「歯科医療」
事情
>目次を見る

 2015.06.13 [ 患者さんとの話 ]
インプラント術後の腫れと痛みなし
昨日、おこなった4本のインプラント埋入手術の術後チェックで本日患者さんがお見えになりましたが、腫れも痛みもほとんどなかったようです。私も手術のあとの患者さんの顔つきをみた瞬間になんとなく状態がわかります。笑顔の場合は腫れも痛みのなかった証拠です。思ったよりも楽だったといってもらえるようにいつも心がけています。

今日はインプラントのご相談の患者さんが多く、やはり私はこの分野をしっかりとやった方がいいのだろうということがわかってきました。でもこれだけではいけません。

私の目標は予防歯科とインプラント治療の専門施設としてしっかりとやっていく。実はこういう病院は国内はあまりないです。予防歯科とインプラント治療の違いは歯が欠損してそこを回復させる治療で、予防はまだある天然の歯を守るという治療です。予防歯科を中心とする先生方はあまりインプラント治療には積極的ではありません。自分たちが守りきれなかった歯が壊れてインプラント治療になるのだからあまりそちら寄りにはなりたくないという気持ちになるのだと思います。

逆にインプラント治療ばかり専門的におこなう先生たちは予防歯科を疎かにしてしまいがちです。予防ばかりやっていたら欠損歯が減るので結果としてインプラント治療も減るからです。

この相反するする予防歯科とインプラント治療ですが共にとても重要です。
欠損ができる原因の多くは抜髄処置をされた失活歯の存在が多くの患者さんのお口の中に存在することです。失活歯はとても脆い状態の歯であるともいえます。

歯は削れば削るほどその歯の寿命は短くなります。1本の歯を4回再治療すると大抵は抜歯となります。小さな歯を4回の削っていくと元の自分の歯質はほとんどなくなり咬合力に耐えきれなくなったときに歯破折という竹を真っ二つに割ったような形で割れて抜歯となります。

破折を予防することはいまのところ手だてがほとんどありません。まだ予防できる段階は生活歯(抜髄処置が行われていない状態の歯)であることが大変重要です。

失活歯を生まないようにするには虫歯の進行がおきない口腔環境に変えることしかありません。

どうしていままで虫歯になったのか?どうやれば虫歯にならないようにできるのか?こういうことを患者さんに教育することが予防歯科の大部分を占めます。

虫歯や歯周病の原因を患者さんにもよく理解していただいて定期的なメインテナンスをする習慣を身につけてもらわないと虫歯のたびに我々歯科医師は歯を削る行為を繰り返すことになり結果として歯を失うことになってしまいます。

インプラント予防も大変重要であり両方しっかりやっていきたいですね。
(0)   (0)   

 2015.05.30 [ 患者さんとの話 ]
やはり歯根破折は怖い
破折の現象を止める方法はないのだろうか?
昨日は1本今日は4本の歯破折が出現してしまった。
この現象が続く限りはインプラント治療は無くならない。

歯の欠損が進行しないようにする手立ては神経を抜く抜髄行為をくいとめることしかない。

大元を正すしか方法はないのだ。それには予防の概念を患者さんに植えつけていくことに尽きる。

(0)   (0)   

 2015.04.17 [ 患者さんとの話 ]
八重桜
おはようございます!
最近目覚めがとても良くて5時半には目が覚めてしまいます。
日の出と共に明かりを浴びると1日のリズムが良くなるという医学データがあります。人間は日を浴びると睡眠に関係するホルモンがでるそうです。なので目覚め時には日をしっかり浴びれる窓側で寝るといいですね。

今朝は6時から家の近くの八重桜が綺麗な公園を通り抜けて鶴見川沿いのコースを軽く6キロ走ってから朝食はガストでマグロ丼です。


   
(0)   (0)   

 2015.04.11 [ 患者さんとの話 ]
熊手 頂きました!

今度インプラント治療を行う患者さんから縁起物の熊手を頂きました!早速、医局の部屋の高い場所に飾りました。

熊手と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、農作業や庭掃除の時に使う細かく割られた竹が扇状に並べられた柄の付いた農具ではないでしょうか。

縁起物としての熊手も、それが由来となっていると言われています。

元々酉の市で農具として売られていた熊手を、「金運を集める」「福を掃き込む」と洒落を交えて売り始め、それにどんどんと飾りや七福神を付けるようになって今の形になったそうです。

また、熊手のこの他の由来として、「わしの爪の鷲掴み」というものがあります。


鷲が獲物を捕らえるように運を鷲掴みするという意味から来ているそうです。

熊手の飾り方や飾る場所は?

熊手は、商売繁盛・開運招福のご利益があるとされている縁起物です。

そのため、低い場所に置いておくような事はせず、高い場所に飾るのがよいとされています。

玄関の少し高い位置に飾ったり、家の中であれば茶の間などの鴨居や柱の少し高い位置に飾るのがよいでしょう。

さらに、玄関であれば福を取り込みやすいように入り口に向けて飾るのですが、家の中の場合、熊手を東・西・南といった北以外の方角に向けて飾るのがよいとされています。
(0)   (0)   

 2015.01.01 [ 患者さんとの話 ]
年末年始の診察について
年明けは1月5日 月曜日からのスタートです

年始のスタートは
1月5日 月曜日から通常通り診療をします

特定日診療日
1月18日 日曜日 9:30-13:30 担当医 星野・吉竹
1月25日 日曜日 9:30-13:30 担当医 篠山

※12月31日〜1月4日までは休診となります
(0)   (0)   

 2014.11.10 [ 患者さんとの話 ]
11月も10月に引き続きインプラントオペ月間
ほぼ毎日のようにインプラント治療関連の相談とオペが入っていてタイトなスケジュールになってきました。

日曜日の特定日診療も昨日からはじまっているのでインプラント矯正相談をご希望される方は日曜日をご希望ください。日曜日はまだまだ空きがあります。

欠損部のインプラント治療を選択される患者様がとても多くなっています。ブリッジ治療を選択される患者さんはとても少なくなっています。ブリッジ治療の持ちは平均7〜8年でやりなおしになるというデータも存在しています。

インプラント治療は正しく行えば10年生存率は97%20年生存率は89%という高い生存率を示しています。

但し、喫煙者でないこと、定期的なメインテナントを行っていることが条件ですね。
(0)   (0)   

 2014.10.30 [ 患者さんとの話 ]
インプラント相談1名など 意識改革
昨年の暮れに初診でいらして急いでインプラントをしてほしいという患者さんがいて、昔ならば「わかりました!」といってすぐに手術をしていた。熊谷方式の予防の概念からしっかりと説明をして初期治療(口腔内環境の整備)の時間が2か月ほどかかり、すぐにインプラントを入れれば感染のリスクがあるからできないという話をした。患者さんの意向とは違うことから病院から出て行ってしまった。

しかし、患者さん自身から数週間後に治療の予約がはいったのだ。よくよく考えなおして頂けたようだった。

熊谷流の治療の流れからインプラント治療が完了できたことで患者さんの意識は大きく変わり、自分の口腔内にとても関心を示すようになり本日は違う部位のインプラント治療の相談と前歯6本のやり直しの相談となった。

熊谷流=患者の歯科に対する価値観を高める という手法である。

例えばテレビを購入する際に何も知識がなければ製品の選択もせずに安さやテレビの大きさだけを考えて商品を購入してしまうはずだ。もしも、事前にいろいろな製品の特長3D対応であったり、インターネットとつなげることができたり、4Kタイプ、解像度などさまざま情報を知っていれば多くの選択肢がでてくるので値段や大きさだけでは購入の判断基準とならないはずである。

このことは歯科においても全く同じである。自分の口腔内の状態、小さな虫歯からの病気や危ない部位などあらゆる情報を与えて視覚映像で見せておくとこれから先どうしようか?とう考え方にかわってくるものである。

ほとんどの歯科医院ではこの過程を省いて結論だけを押し付けているから契約も決まらないのだ。車を購入する患者さんが説明なしに
見積もりだけ渡しても契約には至らない。

画像は左上のものが今回相談された部位
左右下の画像はすでに治療が完了した右下のインプラント治療の術前と術後


  
(0)   (0)   

 2014.10.22 [ 患者さんとの話 ]
他のクリニックで診断が下りなかったケース相談
本日はセカンドオピニオンで1名の患者さんが来院された。
2件の歯科医院で左上6番目の歯の保存について異なった診断であり、患者さんは納得のいく説明がほしいということで相談にいらした。

デンタルレントゲン+口腔内写真+CT撮影の資料取りをしたのちにCT画像から診断の結果を説明させてもらった。

デンタルレントゲンで左上6番をみるとなんとなく嚢胞もしくは尖病巣にも見えるがはっきりとはわからない状態であった。こういうケースではCT断層撮影が非常に正確に診断をはっきりとさせてくれる。CTでは3次元的に骨の輪切り画像が連動して得られるので上顎洞付近の複雑な部位においては必要不可欠である。CTでみると左上6番の尖端部には透過像がなく尖病巣が過去にあってそこを治療して骨が添加してきているように思われたのでそのようにお話をしてみた。

他の2件の歯科医院での診断では抜歯してインプラントという意見とそのまま様子をみるという意見に分かれていたので様子をみて尖病巣が再発するならば歯尖切除法という外科で内部の膿をとることを勧めてみた。

このように歯科の診断はCTのあるなしでは全く逆の診断となってしまうことも多々ある。

矯正患者のカウンセリングにおいてもCTは大変有効である。特に私のクリニックのCT(Kavo 3dxam)では顔から喉までととても撮影領域が広いので従来のセファロ分析というのはほとんど意味をなさないレベルで情報量が格段に多くなっている。矯正専門医においてもいまだに2次元のセファロ分析に頼っていることから星野歯科ではあらゆる診断において高い次元の正確な診断提示ができるともいえる。(勝手に自画自賛)


   
(0)   (0)   

 2014.10.19 [ 患者さんとの話 ]
インプラント相談・矯正相談で2名
本日は2名の患者さんとカウンセリングがあり、ひとりを親子さんから離れて大学に通う女学生の歯並び相談でした。
私の場合のカウンセリングは長年の経験から患者さんのお口の中の写真とCT断層レントゲンと今までの20年間のデータをお見せしながら患者さんにわかりやすい言葉で治療の方法・期間・費用を説明していくスタイルをとっている。
どうして歯並びが悪くなっているのかを説明することは大変重要であり、顔の筋肉や骨格、から歯並び、顎関節、頸椎、まで影響が及んでいることから矯正治療は単なる審美目的ではないということ、歯並びを治すメリットを説明している。
CT画像から立体の顔から皮膚を透かして骨格をみせて、口唇の具合から歯並びで不要な歯の抜歯部位を決めていく。
矯正の装置にも様々な種類があるので患者さんの要望である、見た目が目立たないもの、スピードの速いもの、痛みの少ないものなどを説明している。お勧めは表のワイヤー装置ではインシグニアクリアデーモンブラケットタイプと全く見えない裏側矯正ハーモニーリンガルである。
治療期間については抜歯の必要なケースでは最低でも1.5年間の治療期間がかかることなどを説明している。
歯並びが完全によくなった時点ではリテーナー装置もしくはワイヤー固定法での保定を行う必要性についても話している。

さて、インプラント相談の場合は口腔内写真とレントゲンはCT撮影に加えてデンタル14枚法でカウンセリングをおこなうようにしている。なぜその欠損が生まれのかを知ることはインプラント治療におけるリスクを知る意味でとても重要である。また、全身疾患や内服薬の種類などアレルギーの有無など外科処置前にはさまざまな情報を知っておく必要性がある。追加でスタディーモデルも後々のガイド製作にも応用できるので製作しておくことが望ましい。
インプラント治療とブリッジと義歯のとの違いを説明しどの治療が最適なのか?費用はどれぐらいかかるのか?抜歯のタイミングやその後の手術のタイミング、かぶせ物がつけられる時期についてもお話をしている。どのようなものがインプラントの失敗につながるのか?生存率は10年で何%20年で何%なのか?メインテンスが必要不可欠であり、お口のなかが清潔でないと成功率は低下する話を付け加えている。

インプラント治療を勧めるということは一生のお付き合いになるのだから本当に治してあげたい、いつまでも長持ちしてもらいたいという気持ちを伝えるようにしている。

このあたりの話し方は星野の場合、誰にも負けない自信がある。20年間の経験がものをいう。患者さんに興味をもってもらい、正しい話をしっかりとする。これがなければ,高額で怖い治療を受けようとは誰も思わないだろう。

結局、2名とも1時間近くカウンセリングをしていることになる。

若い矯正希望の患者さんは未成年だから説明後に様々な症例のプリントをして親御さんに説明しやすいようにしてあげた。
インプラント治療希望の方は60代女性でとにかく話が尽きず、19時から20時までノンストップで喋り続けて終わった。こんなに丁寧にカウンセリングをしてもらうのは初めてでよくわかったという感じで帰られた。
(0)   (0)   

 2014.08.07 [ 患者さんとの話 ]
妙本寺で法事
午前中、入水した江ノ島から135号線を逗子方面に移動しながら右手には台風のうねりで遊泳禁止になった砂浜を目にしながら車で移動する。

母と待ち合わせで鎌倉駅近くの鰻専門店で昼食を取り、母方の法要で久しぶりにお経を聞く。

幼い頃から祖母の影響もあり仏教やお寺が好きで妙本寺は春先は鶯の鳴き声夏場は蜩ヒグラシの鳴き声がお寺に響き渡っている。

お堂の入り口に置かれていた蓮の華がとても印象的だった。


   
(0)   (0)   

[ 1 〜 10 の記事を表示 ( 142 記事中 ) ]
2015/05/27
アレルギーのないジルコニアインプ
2015/05/09
相談無料 インプラント治療費 減
2015/03/23
日本口腔インプラント学会専門医
2015/01/22
消毒滅菌設備の強化
2014/12/28
平成26年度 インプラント184
2014/11/24
保険のパラジウム合金で金属アレル
2014/11/06
健康意識が高まる予防歯科
2014/10/31
緊急ミーティング 感染予防対策
2014/10/12
10年間のインプラントデータから
2014/10/11
10年間のインプラント治療実績
2014/08/01
80歳越えまでは当たり前に でも
2014/07/25
悔やまれる17歳の銀色のかぶせ物
2014/07/15
星野歯科はドイツサッカーを目指す
2014/02/01
MTMメディカルトリートメントモ
2015/01/28
歯科衛生士・歯科助手・募集
2013/08/07
歯を失う原因
2013/08/05
正しい知識を持ってインプラント治
2013/04/18
平成24年度インプラント175本
2013/04/10
歯科医師・歯科衛生士平成25年4
2013/03/26
当クリニックのインプラント治療に
2012/12/14
2012年を振り返ってみて
2012/09/26
一生涯を自分の歯で食べるための治
2012/04/25
2011年度 補綴総数とその内訳
2012/04/09
長期経過症例 術後18年目のイン
2012/03/14
インプラントガイドモニター募集の
2012/01/17
安全性の高いインプラント手術法=
2012/01/12
安全なインプラント治療とは
2011/12/21
平成23年度インプラント280本
2011/10/26
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうし
2011/03/03
ジルコニアインプラント認定医とな
2011/01/25
インプラント治療デフレ脱却
2010/12/16
インプラントの適正治療費
2010/12/06
e-maxセラミックの使用状況報
2010/12/03
駒沢皮膚科クリニックと提携のお知
2010/12/01
人参形状を模倣したインプラント
2010/08/24
これからはインプラントフォローの
2010/08/14
メタルフリーの意義
2010/07/16
国内初 ROXOLID(TiZr
2010/07/13
金属アレルギー予防に有効なインプ
2010/07/01
最後のハグ
2010/06/27
チタンに変わるインプラント導入
2010/04/16
ROXOLID
2010/01/22
当医院のインプラントの取り扱いに
2010/01/09
マウスピース型の矯正治療は大人気
2009/12/21
平成21年度インプラント305本
2009/11/19
危険な10万円インプラントという
2009/10/20
日本人に適したインプラント
2009/06/18
過去5年のインプラント実績
2009/04/23
10万円インプラント医も逮捕
2009/04/05
マウスピース矯正について
2009/03/23
インプラント割引制度
2009/03/16
保険診療と自由診療の違いとは?
2009/02/26
低価格インプラントに共通の今回の
2009/01/14
7種類のインプラント表面と骨との
2009/01/11
フィンランド政府のインプラント統
2009/01/08
平成20年度の307本インプラン
2008/12/24
インプラントの適正治療費について
2008/09/12
本来の歯科医療の在り方
2008/08/07
最新インプラントデータ平成19,
2008/07/21
アンキロスインプラント長期データ
2008/07/15
長期データのないインプラントは使
2008/05/22
究極の虫歯治療
2008/04/25
28本で初めて咬合力は均等に分散
2008/04/02
理想治療から更にかけ離れる保険治
2008/02/28
平成19年度インプラント335本
2008/01/17
セレック3D導入のお知らせ
2007/12/17
メタルフリーの意義とは?
2007/11/19
矯正治療を選ぶか審美歯科治療を選
2007/11/18
メタルフリー治療を目指す意味
2007/11/07
丁寧な治療と説明重視と目指して
2007/09/16
日本初!インプラント症例集Bef
2007/08/14
デーモンシステムによる矯正治療の
2007/08/10
アンキロスインプラントと審美
2007/06/27
アクアシステム(マウスピース矯正
2007/06/24
矯正の経験年数と症例数の関係
2007/06/23
インプラントの経験本数と経験年数
2007/03/17
削らない治療の勧め(グラディアダ
2007/03/05
当医院のインプラント成功率H18
2006/12/14
新庄選手の異常に白い歯はジルコニ
2006/12/03
歯の老化現象から若返りはできるの
2012/01/01
インプラント治療を受ける前に読ん
2006/10/29
ジルコニアオールセラミックのイン
2006/10/28
人気の最新ホワイトニングについて
2006/10/19
審美歯科について(ジルコニア)
2006/10/15
ブラケットやワイヤーを使わない矯
2006/10/05
新しい素材ジルコニアについて
2006/10/04
静脈鎮静法の効果で痛みも感じない
2006/09/18
生活スタイルに合ったインプラント
2006/09/17
ブリッジ治療がどのような経過でダ
2006/08/22
歯を削らない治療が長い目で見て一
2006/08/20
抜歯基準の難しさ
2006/08/08
フラップレス(無切開無剥離)によ
2006/06/15
インプラント治療の前に矯正治療が
2006/06/13
インプラント治療と矯正治療の相乗
2006/05/28
フラップレス法(無切開無剥離)に
2006/04/15
歯周病治療なくしてインプラント治
2006/04/11
テーバードScrew-Vent
2006/03/09
ALL ON FOURテクニック
2006/03/08
増骨(サイナスリフト法)でインプ
2006/02/12
新しいスタイルのインプラントブロ
2005/10/03
ツタンカーメン王のミイラをCTス
2005/09/22
インプラント治療は歯の総合治療
2005/09/21
あなたの歯の寿命はどれくらいかC
2005/06/23
世界のインプラントの潮流 『SL
2005/06/23
I.T.Iインプラントが世界ナン
2005/05/22
インプラントの手入れ
2005/05/06
国産インプラントの問題点
2005/05/05
インプラントの被せ物は技工士の腕
2005/05/04
なぜインプラントの治療費は高いの
2005/05/02
年間のインプラント植立が多すぎる
2005/04/01
悪の連鎖その3 噛みあわせが強い
2005/03/29
悪の連鎖その2 重症な歯周病患者
2005/03/28
悪の連鎖を断ち切ろう!!
2005/03/26
インプラント検診
2005/03/09
インプラント治療の考えと将来展望
 2015/01/08 22:05
専門医試験
 2015/01/08 20:06
教えて下さい
 2014/11/14 23:42
メーカー
 2014/11/14 19:21
サーモセンサー
 2014/07/06 12:04
おめでとうございます!
 2014/06/02 09:51
10Km…
 2014/06/02 09:23
AED
 2014/05/26 12:43
思わず「いいね!」したいです♪
 2014/05/25 10:45
頑張ってください。
 2014/05/25 00:20
可笑しいです♪
 2015/07/16 16:07
スチームクリーナー 比較
 2014/05/02 03:17
Discount Beanies
 2014/05/28 19:06
ralph lauren pas
 2014/05/29 17:50
Cheap Samsung Ga
 2014/05/28 19:06
nike free dame